HOME採用案内仕事内容

 

貿易の仕事といってもいろいろ

 
このように各々が全く異なる職種ですが、条件が揃って初めて貿易というものが成り立ちます。
その中で私たちが主に扱うのは書類ということになりますが、業界に携わる人たちの殆どが
貨物・お金・書類に少なからず関わることになります。

既に貿易の仕事をされている方や、勉強中の方はもっと詳しくご存知のことと思います。
これから進路を決める方や、他の仕事から貿易事務に転職される方は書類のことだけでなく
3つの流れを総合的に把握し全体の繋がりやシステムを知っておく必要があります。

MBSでは採用後の各現場に配属される前に、経験やレベルに応じて
研修で基礎知識から身に付けます。
ただし配属先により仕事内容が多岐に渡りますので、実際には仕事をしながら
覚えることが多いでしょう。
 
 
▲ページの先頭へ
       
 
一般的にはメッセンジャーというと当然「バイクの運転」を想像されることでしょう。
しかしMBSメッセンジャーは「バイクの運転」が仕事ではなく、メインは「書類を扱う」ということ。

お客様からお預かりする有価証券を安全かつ迅速に運び、
担当者と連絡を取り合いながら船会社カウンターでの手続きを進めていきます。
時には現場での判断も要求されますし、何よりもチームワークが要です。
ですからバイクの運転が速くて上手いだけでは勤まりません。
むしろ運転の技術よりも、コミュニケーション能力のほうが優先です。

書類作成をしている人たちとの分業ですから大勢の手となり足となっているわけです。
書類の受渡だけなら簡単ですが、オフィスで働いている人たちが屋内での仕事に完全に
集中できるような環境にしていきます。

そのために相手の立場や知識レベル、さらに相手の仕事の流れを意識的に汲み取ってあげて、
実際には見えない部分である裏側から支えているとイメージして下さい。

そしてメッセンジャーのリーダーには、
・臨機応変に対応し、チームを指導していく
・他のチームまで気にかけて全体の効率を上げる
・営業担当や総務と連携をとる
等が求められます。
 
▲ページの先頭へ
 
       
 
 配属先での主な仕事内容は
・船積データ入力 
・通関書類の作成
・銀行買取書類の作成
・契約書や証書の作成
・クライアントとの電話対応上記を含む輸出入業務全般となります。

全くの未経験からスタートした人たちも、早ければ1年、平均2〜3年で”リーダー”になるものもおり、
当社の顔として立派に活躍しています。
あなたもモチベーション高く、上を目指して頑張っていきましょう。
一番大事なのはやる気です。

仕事の幅、質、ポジションも、あなたのやる気次第でいかようにも広がります。
そうして経験を積み、徐々に周りを引っ張っていくという立場になってからは
さらなるスキルアップを目指しましょう。

例えば、業務品質管理は当然ですし、
リーダーともなれば勤怠管理や後輩の育成・ケアなどもしていかなければいけません。
さらに常駐先クライアントとの折衝もありますので、現場での営業窓口にもなります。
それ以外でも毎日の仕事の中で気づくことが沢山あるはずです。
その先はあなたの行動次第ですから、自ら切り開いていって下さい。
 
▲ページの先頭へ
 
 
書類の遣り取りをする相手がお客様か同じチームの人か他の会社の人かに関わらず、
貿易書類の流れにおいては途中で何一つ欠けていては成り立ちません。

MBSでは配属先によって、貿易事務駐在の場所、メッセンジャー駐在の場所、
更にどちらも駐在させて頂いている場所があります。

いずれにせよ、中と外の連携が大変重要な要素だと言えるでしょう。
 
▲ページの先頭へ
 
 サイトマップ    個人情報保護について
Copyright 1999-2008 MBS, Inc. All rights reserved.