HOME貿易用語
 
アルファベット検索
 
50音検索

当サイトの記載内容につきましては十分なリサーチを行っておりますが、
更新時期の都合もあり、弊社としてはこれらの内容にはいかなる責任も負いかねます。
ご利用の際は、ご利用者の責任と判断においてご活用下さるようお願い致します。

 
AIR FREIGHT(エアーフレート航空運賃)
 航空運賃。
 航空運賃はKG単位で計算され、容積から求めた重量(下記式)とG/Wを比較して
 大きいほうの重量を採用する。
 ※容積から求めた重量(kg)=(L cm x W cm x H cm)÷6000

AIR SUSUPENSION(エアーサス)
 輸送中の振動を嫌う精密機械等の輸送に使われるトラックで
 エアーサスペンションが装着されていて荷台の衝撃を緩和する。

AIR WAYBILL
 航空貨物用のB/L
 元々がWAYBILLなので有価証券としての機能はなく、単なる送り状でしかない。
 従って、L/C決済を行う場合にはL/Cの記載内容に注意する必要がある。
 一般的には”銀行買取用”とスタンプが捺される。

ALL RISKS(A/R 全危険担保)
 事故に対して最も広い範囲をカバーする内容の保険で一般貨物がほとんどこの条件で
 引き受けられている。
 但し、オールリスクといっても全ての事故をカバーする訳ではなく、
 戦争/ストライキ/暴動に関してはカバーされないので、別途オプションでてん補する必要がある。


AMENDMENT(アメンド)
 B/LL/C等の記載事項を訂正すること。
 B/Lの訂正にはL/G、L/Cの訂正には通常売り手、買い手、銀行の同意が必要。

AMS (Automated Manifest System)
 自動通関システム
 米国の税関が運用する輸入貨物通関システム。船会社NVOCC
 航空会社が接続して輸入貨物情報(積荷目録 など)を送信している。

APPLICANT
 L/Cの発行を依頼する者。一般的には買主である輸入者。

ARRIVAL NOTICE(アライバル)
 輸入貨物を積んだ船が入港した際に船会社から来る到着案内。

AS ARRANGED(アズアレ)
 海上運賃を買い手側に知られたくないときにB/Lの運賃欄にこの表記を入れる。
 運賃着払い(COLLECT)の場合以外はたいていこの表記になる。

AT SIGHT(一覧払い手形)
 輸入者の即決済(支払い)が求められている手形。
 輸入者はこれを決済しないと銀行から船積書類が受け取れない。

▲ページの先頭へ

B/L(BILL OF LADING)(船荷証券)
 船会社が作成して船積終了後に輸出者に対して発行する証券。
 船会社の受領書であり、有価証券の性質を持っているので、これを流通させることができる。
 通常ORIGINALとして3部(1ST、2ND、3RD)発行されるが、3部の間には優劣は無い。

B/L FEE
 B/Lの発行手数料。航路によって発生する。

BAF(FAF)
 燃油割増料。燃料価格が高騰すると海上運賃にプラスされる。

BENEFICIARY
 受益者(輸出貿易によって直接利益を受ける者)のことで、L/C上でよく使われる表現。

BERTH TERM(B.T BT to BT)
 在来船である荷役形態。
 港から港までの海上輸送費と積港/揚港での荷役料が含まれた海上輸送契約。
 通常の船はこの形態で運行されている。海上運賃の構成を参照


BOOKING(ブッキング)
 船のスペースやコンテナを予約する事。
 ブッキングを船会社が受けるとブッキング番号を教えてくれる。

BRANK ENDORSEMENT(ENDORSE)
 白地裏書。
 B/Lの裏面に輸出者または指定された権利者が、
 次の受取人を指名しないで自己の署名のみを行う事をいう。
 この行為によってB/Lの所有権が移転し、流動性が出てくる。

BULK CARGO(バラ積貨物)
 本来は石炭や穀物のように梱包されずに積む貨物のことを言うが、
 現在ではコンテナを利用しない在来船で輸送する貨物をBULK CARGOと言っていることが多い。

▲ページの先頭へ

C&F(CFR)
 支払条件を参照

CAF
 通貨調整料。
 海上運賃は米$建が多いので、対米$レートが変更になるとこれで調整し、海上運賃に加えられる。

CERTIFICATE OF ORIGIN(原産地証明)
 原産地(MADE IN 〜 .)を証明する書類。各地の商工会議所が発行する。

CFS (Container Freight Station)
 コンテナターミナル内に設ける上屋。CFSは必ずしもターミナル内にあるとは限らない。
 小口貨物の集荷場。船会社LCL貨物をコンテナに詰め、
 或いはコンテナから取り出す作業を行う場所をいう。
 ここに集荷された貨物が行き先ごとにコンテナに詰められる。
 コンテナ詰めや混載を行う施設、もしくは、LCL貨物を指す事もある。
 CFSに搬入される貨物およびCFSで荷渡しされる貨物をCFS貨物と呼ぶ。

CFSチャージ
 小口貨物集荷場で荷捌きにかかる作業料。

CHC(THC、DDC、ECHC)
 THCの別称。
 小口貨物の場合THCをCHCという傾向にあるが、はっきりとした区別は無い。

CIF (Cost, Freight and Insurance)
 運賃・保険料込条件
 貿易取引条件の一つで、貨物代金に到着港までの海上運賃と貨物保険料が含まれている。
 FOB価格に仕向け地までの貨物の保険料と運賃を加算したものを契約価格とすること。
 支払条件を参照

CLEAN B/L(CLEAN ON BOARD)
 外見上貨物に損傷がない状態で船に積まれた場合に発行されるB/L
 もし問題があれば、荷主(SHIPPER)から補償状(Letter of Indemnity(L/I))を取った上で
 CLEAN B/L
を発行する。
 L/C取引ではCLEAN B/Lであることが絶対条件となる。

C/O
 CERTIFICATE OF ORIGIN(原産地証明)

CONSOLIDATOR(コンソリ、混載業者)
 元々は航空貨物業界で使われていた言葉。
 最近では海上貨物にも使用され、小口の貨物を集荷して
 コンテナ単位にまとめて運送する業者のことを言う。

CO-LOAD
 混載貨物の取扱業者が自社の貨物だけではコンテナが一杯にならない場合、
 他の業者のコンテナに相積すること。
 この場合、CO-LOAD料金が追加される。

CONSIGNEE(荷受人)
 貨物の受取人であり輸入者である事が多いが、
 TO THE ORDER OF SHIPPERと表記し裏書BRANK ENDORSEMENT(ENDORSE)等によって
 所有権の移転を行なう事がある。
 また L/C取引では銀行が貨物を担保として設定する場合があり、
 その場合はMADE OUT TO ORDER OF 〜 とCONSIGNEが(〜)に指定される。
 この場合のB/L表記はTO ORDER 〜 .となる。


CUT
 船積貨物の受付終了日。
 原則としてコンテナ1本単位で船積の場合は入港の前日、
 混載貨物の場合は前々日までに指示された場所に搬入しないと船積みをしてもらえない。
 但し、北米等は現地に対して事前申告(AMS)が必要な為
 CYカットは3日前、CFSカットは4日前になるなど航路によって多少の違いがある。

CY(コンテナヤード)
 コンテナの搬入、受け渡し、保管をする場所。
 もしくはヤードに直接搬入できるFCLを指す事もある。

▲ページの先頭へ

D/A(引受渡し決済)
 DOCUMENTS AGAINST ACCEPTANCEの略。
 L/Cなしで手形を決済する方法の一つ。
 輸入者(IMPORTER / BUYER / CONSIGNEE)が手形支払期日に支払いを約束し、
 手形を引き受けると船積書類が引き渡される。
 従って、この場合に使用される手形は期限付き手形であり、受け取りには現金を必要とせず、
 支払う約束で船積書類を受け取れる。

DDC(THC、CHC、ECHC)
 THCのことを米国ではDDCと言うが、
 厳密に解釈すると多少違うところはあるもののイコールと考えても問題は無い。

DEBIT NOTE(保険料請求書)
 本来の意味は保険料請求書だが、現在は広く請求書の意味で使用されている。

D/O
 荷渡し指図書。
 輸入者である荷受人(CONSIGNEE)がB/L船会社に持ち込むと代わりに発行される。
 輸入者(実際には通関業者が扱う)はこれを持って港に貨物を引き取りに行く。

D/O FEE
 本来はD/Oを発行してもらう手数料だが、
 現在は書類取扱手数料またはB/L発行時の発行手数料の総称として使われていることが多い。

D/P(支払渡し決済)
 DOCUMENTS AGAINST PAYMENTの略。
 L/Cなしで手形を決済する方法の一つで、
 輸入者が手形の代金を支払うと同時に船積書類を引き渡される。
 D/Aが約束に対して、D/Pはあくまでも支払いが済んでから船積書類を受け取れる。

DRAFT(BILL OF EXCHANGE
 為替手形。
 船積み後、この書類とL/Cで要求されている書類をそろえて銀行に提出し、L/Cを買取ってもらう。

D/R(ドックレ)
 DはDOCKで倉庫、RはRECEIPTで受領書の意味。
 船積み前の貨物を倉庫で一括して受ける時に倉庫から発行される受領書。

DEMURAGE(デマ)
 船会社が無料で貨物を保管する期間(FREE TIME)を過ぎたときに発生する追加保管料。
 一定期間を経過すると倍々で保管料が加算されていく。

DETENTION CHARGE
 コンテナCYから引き取って返却する際に返却が遅れると発生する料金。
 一定期間経過後は倍々で加算される。

DRY CONTAINER(ドライコンテナ)
 一般的なコンテナ。鉄製とアルミ製がある。
 大きさによって20ft/40ftの2種類があり、又40ftには8ft6in/9ft6inの2種類の高さがある。
 コンテナサイズ表を参照

▲ページの先頭へ

ETA(エタ)
 Estimated Time of Arrivalの略。
 船の入港予定時刻。

ETD
 Estimated Time of Departureの略。
 船の出港予定時刻。

▲ページの先頭へ

FCL(CYカーゴ)
 コンテナ1本単位で輸出する貨物。

FI(FREE IN)
 海上運賃の構成を参照

FIO(FREE IN AND OUT)
 海上運賃の構成を参照

FLAT RACK CONTAINER
 DRY CONTAINERドライコンテナ)の天井と左右の鉄板がないコンテナ
 DRY CONTAINER(ドライコンテナ)に入らない幅広、かさ高貨物の輸送に使用する。

FO(FREE OUT)
 海上運賃の構成を参照

FOB
 支払条件を参照

FOUL B/L
 事故B/L。何らかの問題がある貨物に対して発行される。
 このB/LではL/C買取は出来ない。

FREE HOUSE
 輸出者である荷送人(SHIPPER)が輸入者である荷受人(CONSIGNEE)の指定場所まで
 運送経費を全て負担すること。
 航空貨物で多く使われる。


FREE TIME(フリー)
 揚港において、CFSCYにその貨物やコンテナを無料で置ける期間。
 5日〜10日間。この期間を過ぎても貨物を引き取らない場合には、
 追加保管料としてDEMURAGEデマ)が発生する。

FREIGHT
 海上運賃。中身を分解すると 海上輸送費+荷役料=海上運賃 となる。

FREIGHT COLLECT
 海上運賃輸入者支払い。宅配便の着払いと同じ。

FREIGHT FORWARDER
 元々は航空貨物の言葉で利用航空運送事業者のこと。
 現在は海上貨物の世界でも広く使われていて、NVOCCと同じような意味と考えればよい。

FREIGHT PREPAID
 海上運賃輸出者支払い。宅配便の元払いと同じ。

▲ページの先頭へ

G/W
 梱包後の総重量。B/LPACKING LISTP/L)に記入される。

GENERAL AVERAGE(GA、共同海損)
 例えば、10,000トンの貨物を積載している船が荒天に遭遇し、船の転覆を防ぐために、
 船長の判断で2,000トンの積荷を海上投棄し、その結果、船の転覆が免れた場合、
 犠牲になった2,000トンの貨物の荷主に犠牲にならなかった荷主(SHIPPER)が払う分担金。
 損害を受けた荷主(SHIPPER)にしてみれば、「私が犠牲になったからあなたの貨物が助かった、
 少しは面倒をみてくれ」と言うこと。

GO-DOWN
 在来船に輸出貨物を積む際に岸壁で発生する費用。

▲ページの先頭へ

H/C(ハイキューブ、クンロク)
 高さが9ft6inchの40ftコンテナコンテナサイズ表を参照

HOUSE B/L
 NVOCC業者の発行するB/L
 船社B/LMASTER B/L)は港〜港までしか発行されないが、
 HOUSE B/L
は港〜現地指定場所まで発行できる。

▲ページの先頭へ

ICC(INTERNATIONAL CHAMBER OF COMMERCE)
 International Chamber of Commerce 国際商工会議所の略。
 Institute Cargo Clauses 協会貨物約款の略。
 海上保険の特別約款のうち基本的かつ定期的に利用される約款をまとめたもの。

IN HOLD CARGO
 船倉(甲板の下の貨物スペース)に積む貨物。

INVOICE
 送り状のこと。品名、価格、数量、買主等、貿易取引において必要な項目が記載されている。

INSTITUTE WAR CLAUSES
 保険規約の免責危険のうち戦争危険、海賊危険をカバーする約款。

INCOTERMS(インコタームズ)
 International Commercial Terms
 正式には’International rules for the interpretation of trade terms’
 INTERNATIONALの’In’とフランス語のCommerce=Tradeの’Co’のあとに
 ’Terms’を組み合わせた略称で
 国際商工会議所が貿易条件の解釈に関する国際規則として制定した解釈規準をいう。

IRREVOCABLE L/C(取消不能信用状)
 利害関係者(売主、買主、銀行)全部の同意がなければ撤回も変更も出来ないL/C
 通常のL/Cは全てこれと考えてよい。反対にREVOCABLE L/Cは取消可能なので、
 銀行の意思次第で撤回が出来るため信用状の目的から考えて疑問がある。

▲ページの先頭へ

L/C(信用状、LETTER OF CREDIT)
 輸入者が取引銀行に依頼して発行してもらう銀行の買取保証書。
 これがあることにより輸出者は代金の回収が確実に出来る。
 輸出者は輸入者から直接代金を徴収するのではなく、
 一度L/C発行銀行で貨物を買い取ってもらい、
 その銀行から代金を回収する(これをL/Cの買取と言う)が、
 輸出者はL/Cで指示された通りの内容の書類を作らなければ、
 銀行は買取ってくれない。 即ち代金が回収できないことになる。

L/G(LETTER OF GUARANTEE)
 保証状。
 B/Lのように有価証券を訂正する際に荷主が船 会社に対して差し入れる書類で、
 内容は「訂正に関して問題が起きても全て私が責任をとります〜。」

LCL(CFSカーゴ)
 コンテナ1本単位で輸出するには小さすぎる小口貨物。
 CFSで他の荷主の貨物と混載される。

LINER
 定期船。

LINER TERM
 BERTH TERMと同じ意味で、定期船の場合に使用される。

▲ページの先頭へ

M/R(MATE'S RECEIPT)
 メイトは航海士、レシートは受領書の意味。
 船に貨物が積み込まれたときに船から発行される貨物の受領書。
 船積みした貨物に破損があるとこれに書き込まれ、B/Lにもこの書き込みが反映される。

MASTER B/L
 船社が発行するB/L
 HOUSE B/Lが発行されるときに区別するためにMASTERと付けているが、
 HOUSE B/Lが発行されないときは通常のB/Lと同じもの。

MLB(MINI LAND BRIDGE)
 海陸一貫通しB/L
 アジア方面から北米東岸に輸送する際に北米西岸まで船で輸送し、
 ここから鉄道に積替えて大陸を横断させる方法。

▲ページの先頭へ

NACCS(Nippon Automated Cargo Clearance System)
 通関業者、保税上屋、税関をパソコン上でオンラインでつなぎ、輸出入の申告ができるシステム。
 NACCSシステムにより外国貨物の管理と通関業務は大幅に向上した。
 現在、貨物の通関業務、外国貨物の管理はその圧倒的大部分が、
 このNACCS のシステムを使用して行われている。

N/W
 貨物自体の重量。

NOTIFY(NOTIFY PARTY)
 貨物を積んだ船が入港したときに船会社が連絡を取る貨物の受取人。
 通常は先のARRIVAL NOTICEの連絡先。

NVOCC
 Non Vessel Operation Common Carrierの略。
 本来B/Lが発行できるのは船を運航している船 会社に限られるが、
 NVOCC
業者は船を持たずにB/Lを発行できる。
 このような業者の発行するB/LをHOUSE B/Lと言う。
 利用運送業者として国土交通省の認可を受けている。

▲ページの先頭へ

ON DECK CARGO
 甲板上に積む貨物。甲板上の貨物の場合保険上の制約があるので注意を要する。

OPEN TOP CONTAINER(オープントップ)
 コンテナの前後左右が鉄板、天井がキャンバスでロープ止められているので
 ロープの長さを調整すれば、DRY CONTAINERドライコンテナに入らないかさ高貨物も入れられる。

ORDER B/L(指図式船荷証券)
 CONSIGNEEの欄に
 1) TO ORDER
 2) TO ORDER OF SHIPPER
 3) TO ORDER OF 銀行
 と表記されている。この方式のB/Lは裏書によって流通性が出てくる。

OVER HIGH
 OPEN TOPFLAT RACK CONTAINERを使用した場合に、コンテナの高さより上に出る部分の高さ。

OVER WIDE
 FLAT RACK CONTAINERを使用した場合に、コンテナの幅より横に出る部分の幅。

▲ページの先頭へ

PACKING LIST(パッキング、P/L)
 梱包明細。重量、サイズ、梱包の内容品の明細が書かれる。

PCS(港湾船混料)
 混雑する港に入港する船は入港待ち時間が多くなるため、この間の滞船料を言う。
 アデン湾、紅海、西アフリカ、南アフリカ、地中海、中国等の港湾で発生する。

▲ページの先頭へ

SHORT HORM B/L
 略式船荷証券。記載事項が極めて簡単であり、裏面約款が省略されている。
 アメリカ系船会社の発行するB/Lに多く見られる。通常L/C取引では使用できない。

SHIPPER
 荷主。荷送人を言い輸出者が主である。

SHIPPING INSTRUCTION(S/I)
 船積み指図書。B/L作成の指図書。
 例えばL/Cで輸出する場合、輸出者(SHIPPER)はL/Cの内容に合ったB/Lを
 船会社に作ってももらわなければ買取が出来なくなるので、この書類によってB/L内容を指示する。
 従って、この内容を間違えるとD/RM/RB/Lの内容が違ってきてしまう。

SHIPPING MARK(マーク)
 貨物につける荷印。
 このマークは関係する全ての書類に同じものが記載されなければならない。
 マークに決まりはないので、要は自分の貨物が識別できればよい。

SPACE BOOKING
 貨物を積む為に船腹を確保する事をいう。

SPSC(サマーピークシーズンチャージ)
 米国向けの海上運賃に発生する夏季割増料金。基本的には7/1〜10/31まで適用になる。

STRADDLE CARRIER(キャリア)
 CYコンテナヤードコンテナを移動するための重機でカニのように横向きで走る。

SURRANDER(元地回収)
 B/Lは輸出港で荷送人に渡され、輸入者に郵送する。
 その後、荷受人はこのB/Lを船社代理店に持ち込むが、この手間を省くために輸出港において
 発行されたB/Lをそのまま船社に返却すれば、輸入港ではB/Lがなくても貨物が受け取れる。
 このことをSURRENDERと言う。
 また、日韓航路のように航海日数が短い航路ではB/Lより先に船が着いてしまうので
 この方法をとればB/Lの入手を待つことなく貨物の引取りが可能になる。
 また、L/C以外で決済する場合には相手の信用度が低いと貨物だけ持っていかれて
 代金の回収が出来ないことがあるので注意を要する。ACCOMPLISHEDとも表現される。

SURVEY(サーベイ)
 鑑定、検査、検定を行うこと。貨物事故が起こった場合や貨物の品質について検査を行うこと。
 財団法人の認可を受けた検査会社が中立の立場で行う。
 この鑑定や検査を証明する書類をサーベイレポートと言う。

S.R.C.C.CLAUSES
 Institute Strike Riots and Civil Commotions Clausesの略。
 通常の保険ではカバーされないストライキや暴動をカバーする特別約款。

STRAIGHT B/L
 記名式船荷証券。
 ORDER B/Lと異なりCONSIGNEEが特定されている。
 従って、このB/Lには流通性がない。

▲ページの先頭へ

TRAMPER
 不定期船。

THC
 CYコンテナヤードコンテナを取り扱うための料金。

▲ページの先頭へ

VISA(査証・認証)
 大使館で書類申請確認されたもの商業INVOICEに査証印を押してもらう。
 申請する為にはお金(VISA FEE)が必要。

VISA FEE
 VISAの発行手数料(査証料)

VOID SPACE(VOID)
 OVER HIGHOVER WIDEによって使用できなくなったコンテナの区画。
 VOIDの解説を参照
 

▲ページの先頭へ

WAYBILL
 運送状。
 B/Lのように有価証券としての価値がなく単なる送り状でしかない。
 海上運送状(SEAWAYBILL)、航空運送状(AIRWAYBILL)がある。宅配便の送り状程度の認識。

▲ページの先頭へ

YAS
 通貨調整料。
 東南アジア航路で海上運賃が日本円換算の場合、
 対米$レートが変更になるとこれで調整し、海上運賃に加えられる。

▲ページの先頭へ


委託加工貿易
 外国の企業に材料等を提供して加工させ、加工された物を輸入すること。
 
裏書
 一般的に使われる言葉だが、輸出の場合、
 入手したB/Lの裏面に荷送人(SHIPPER)がサインすることによって
 裏書が終了し、それ以後B/Lに流通性が出る。
 裏書には記名式裏書(FULL ENDORSEMENT)と白地裏書(BLANK ENDORSEMENT)がある。

上屋(保税蔵置場)
 輸出入貨物が税関申告のために一時的に保管される倉庫。
 例えて言えば、海外旅行に行くときに出国審査を終えて免税品を買える場所。
 
乙仲(フォワーダー)
 種海運立業のことだが、乙仲の名称は戦前のことであり現在は正式には存在しない。
 現在は通関業者と言う意味で使われていることが多い。

▲ページの先頭へ

海貨業者
 荷主から委託された、貨物の受渡しを港湾運送事業法に基づいて行う業者。乙仲とは別。
 海運組合法は、廃止され、現在はこのような分類はないが、
 それまでの名残から乙仲と呼ぶことが多い。
 現在の海貨業者は、港湾荷役のほか、通関、はしけ運送、沿岸荷役、その他貨物の検数、鑑定、
 検料、倉庫業など貿易に関する荷役・通関業務を幅広く行っている。

外国為替
 通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送せずに決済する方法
 貿易の場合は大抵が米$レートで支払いが行われるので、それらを調べておくことが必要。
 自国通貨と外国通貨とを交換することとなり、その交換比率、すなわち外国為替相場が成立する。

加工貿易
 外国から仕入れた原料等を国内の技術で加工し、それを製品として外国へ輸出すること。

(ガワ)
 梱包をした場合、梱包の広い面を”ガワ”、狭い面を”ツマ”と言う。
 側にはSHIPPING MARKマークが記入される。

間接貿易(間貿)
 商社乙仲など、仲介業者を通して取引をすること。(⇔直接貿易
 
銀行買取書類
 船会社へ貨物の引渡しが終了した後に発行されるB/Lを銀行に持込み現金化する。
 その際には必要となる書類があるので一式揃えてから銀行へ持込む。
 (銀行買取必要書類:C/OL/Cドラフト・etc)
 
クレート梱包(スカシ梱包)
 木枠組みのすかし箱。主に国内向け貨物で使用。
 局所的な保護のみで板と板の隙間から中身が見えたり、防水効果もなく欠点もあるが、
 材料費がほとんど掛からないため割安。

燻蒸(くんじょう)
 梱包に使われる木材を熱や薬剤により消毒すること。
 
ケース梱包(合板梱包)
 外板としてベニヤ板を使用するのでクレート梱包のように中身が見えることがない。

原産地証明
 CERTIFICATE OF ORIGIN(C/O)

検数(タリー)
 輸出入貨物の数量やサイズを計測すること。
 この計測結果がB/Lに記入される貨物の数量に反映される。
 
腰下
 梱包の底の部分。

コロ引き
 重量物の下に鉄パイプやローラーを入れて引っ張り出す作業。

コンテナ
 貨物船へ物品を積む為の大きな入れ物。大きさや種類も様々。
 港から現地へは物品をコンテナごとトレーラーや貨物列車で運ぶ。
 少量の小口貨物でコンテナ一個を占有することは効率が悪いので、
 それらを集荷して、まとめるのがCONSOLIDATOR(混載業者)。

コンテナ船(フルコン)
 コンテナのみ積み込む船。

コンテナ輸送
 コンテナを輸送容器として、貨物を輸送する事。
 コンテナ輸送には、陸運コンテナ輸送と海運コンテナ輸送があるが、
 国際用コンテナは海運コンテナ輸送である。

▲ページの先頭へ

在来船
 コンテナに入らない貨物や重量物を積む船。昔の貨物船。
 
シャーシ
 コンテナを載せる台車。

ショアリング
 多くは貨物を固定すると言う意味で使われる。

商工会議所
 商工会議所法に基づき、商工業者によって組織される自由会員制の非営利法人。
 貿易においては、貿易取引の仲介、あっせん、貿易書類の証明機関として係わる。
 扱う書類は主に大使館へ提出するC/OI/V
 会議所での審査を終えてから大使館へ申請し、VISAを受けられる
 (会議所の審査が不要な場合もある)。

商社
 輸出入貿易を業務の中心にした,物やサービスの取引によって利益をあげている会社。
 主な仕事は、取引の仲介、取引に関わる情報提供・在庫管理・投資など。
 取引の対象となるものは幅広い。
 取引対象が多岐にわたる「総合商社」と専門分野に強い「専門商社」とがある。

ショックウォッチ
 センサーの一種。衝撃が加えられると色が変化し、輸送途中でこれをチェックすることにより
 輸送のどの段階で衝撃が加わったかが明確になる。

シリカゲル(ゲル)
 乾燥剤。菓子袋に入っているものと同じ。
 
スキット
 腰下だけの梱包。ガワツマ、天井がない。

スルーB/L(Though Bill of Lading)
 通し船荷証券。
 複数の輸送人や運送手段を利用しても、積地から揚地まで単一責任でカバーするB/L
 船荷証券であると同時に、鉄道貨物引替証を兼ねたものであるが、
 主たるルートは海路であるため船荷証券と呼ばれる。
 
税関
 財務省が管轄する国家機関
 税関の仕事には、貨物の通関(管理・検査)、関税の徴収、保税地域の管理、密輸の取締り、
 等がある。
 関税法では、貨物について税関に申告しなければならないことになっている。
 申告された貨物の書類を審査し、必要に応じて貨物を検査する。
 食品衛生法などの法律も確認する。

セミコンテナ船(セミコン)
 コンテナ船在来船をたして2で割った船。

▲ページの先頭へ

台切
 シャーシヘッドヘッダーを切り離すこと。

大使館
 国交のある諸外国の特命全権大使が駐在し、公務を執行している役所。
 領事館と共に外交上の公館(在外公館)と呼ばれる。
 貿易に関しては、物品を輸出する為の書類の窓口。
 VISA査証認証を発給する。

玉掛け
 クレーンで荷物を吊る時に貨物に吊ロープを掛けたり、クレーンのフックに掛ける作業。
 
中継貿易
 A国からの貨物を、B国に輸入・加工し、C国に再輸出する貿易。

仲介貿易
 中継貿易と似ているが異なる。C国には通関行為がない。
 A国からB国への輸出取引について、C国の商社が仲介する貿易取引。

直接貿易(直貿)
 海外の輸出入業者と直接取引をすること、仲介業者無し。(⇔間接貿易

チョッキング
 本来の意味とは違うがショアリングと同じ意味で使われている。貨物を動かないように固定すること。
 
通関
 貨物を送ったり引き取ったりする為の手続きをする事。
 貨物の品名、種類、数量、価格などに関する申告をさせ、輸入の場合は関税などを納入させる行為。
 税関に対する輸出入手続を「通関手続」、事業として通関業務を行なう事を「通関業」、
 通関業を行う者を「通関業者」、依頼により通関を行なう事を「通関業務」という。

通関書類
 通関手続に必要な書類。

(ツマ)
 梱包をした場合、梱包の広い面を”ガワ”、狭い面を”ツマ”と言う。
 
定着沿岸制
 貨物を扱う港湾業者を港の区域毎に決めている制度。
 港湾運送業の免許を持った他の会社がその区域で作業を行おうとしてもやたらには出来ない。
 古くからの港の慣習。

低床
 普通のトラックやトレーラーより荷台の高さが低い車。
 10t低床トラック、低床トレーラーがある。

デバンニング(デバン)
 コンテナの中から貨物を取り出す作業。

天板
 梱包の天井部分に使われる板。
 
ドアデリ
 輸出貨物を輸入者の工場や倉庫まで届けること。輸入者の指定倉庫渡し。

トラッケージ
 トラックでの輸送全般を言う。

▲ページの先頭へ

入出庫
 倉庫に貨物を出し入れする作業。商業倉庫の収入源。

▲ページの先頭へ

(はしけ、バージ)
 エンジンを持たずに、貨物だけを積む船倉のある船。
 貨物が大きく陸上輸送では岸壁まで運べないときや、大量貨物を1回で本船に運ぶときに
 艀に積んで海上輸送する。

艀落とし
 に貨物を積む作業。

艀揚げ
 から貨物を降ろす作業。

はり
 天板を支える角材。

搬出
 貨物を指定場所から引き取ること。

搬入
 貨物を指定場所まで運ぶこと。

バンニング
 貨物をコンテナに積込む作業。
 
船会社
 貨物船を所有・運行し、貨物船に関する書類を発行している海運会社。
 実務においては「書類を発行する代理店」を含めて使用されることが多い。

船積書類
 貿易品の財産権をあらわしたものとして、国際貿易で認められている重要な商用書類。
 海運なら船荷証券、陸運なら貨物引換証のような物権的有価証券を中心とし、
 その輸送中の危険を担保した譲渡可能の形式をそなえた保険証券、送貨の明細書・計算書である
 INVOICEの3種から構成されている。

フローティングクレーン(フローティング)
 大型クレーンを付けた船。重量物を本船やに積む場合に使用する。
 
ヘッド(ヘッダー)
 シャーシを引っ張るためのトラック。
 
防湿梱包(バリア、真空梱包)
 梱包の内装の方法の一つで、アルミ箔を袋状にしてその中に貨物を入れ、中の空気を吸引し、
 最後に袋の口を熱で圧着して袋の中を真空状態にする梱包方法。
 完全に真空にはならないが錆の発生はかなり防止できる。精密機械向けの梱包方法。

防水
 梱包の内装の方法の一つで、貨物をビニールシートで包むだけの梱包。
 防湿梱包のように中が真空状態にはならないので錆の発生はあり得るが防水効果はある。

保税運送
 保税地域間で、外国貨物の輸送を行うこと。これを行うには、税関長の許可が必要となってくる。

保税地域
 外国からの貨物について関税の課税を留保したままで一定期間蔵置することができる場所。
 輸出入される貨物は保税地域と呼ばれる税関が指定・許可する場所や
 倉庫に入れなければならない。
 保税地域の貨物は、関税などの税金をかけられずに蔵置・加工・製造・展示等をすることが可能。
 財務大臣が指定、若しくは税関長が許可した場所。

▲ページの先頭へ

輸出入者コード
 輸出入を頻繁に行う会社に割当てられる5桁の番号(またはアルファベット)。
 輸出入の申告の際にこの番号を申告書に記入する。
 番号を持っていない会社は99999の番号となる。申請すれば取得できる。
 
横持ち
 貨物をA地点からB地点に運ぶ事。

▲ページの先頭へ

ラッシング
 本来の意味とは違うがショアリングと同じ意味で使われている。
 貨物を動かないように固定する事。
 
リンギ(コロ、マンボウ
 貨物をトラック等に積むときに、直接荷台に載せないでフォークリフトで取りやすいように
 下に角材を引くことがある。
 「リンギをかませる」「マンボウを敷く」などと言う。
 
レベル出し
 機械を据え付けたときにその機械が水平になるように薄い鉄板を入れて高さを調整すること。

▲ページの先頭へ

 
 
 サイトマップ    個人情報保護について
Copyright 1999-2008 MBS, Inc. All rights reserved.